忍者ブログ

Open Source CFD メモ帳

Open Source CFDの使い方に関するコツをメモ帳形式でまとめたものです。 Open Source CFD実施時に前処理(プリ)、ソルバー、後処理ポストについてそれぞれSALOME、OpenFOAM、Paraviewを利用しています。

SALOMEの入手とインストール

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

SALOMEの入手とインストール

目的

 ここでは、SALOMEの入手とインストール方法について説明します。

入手方法

 主に2つがあります。
  • 開発元のサイトからダウンロードし、インストールする方法

 インストールは「バイナリ」からと「ソース」からの2つがあるが、ここでは「バイナリ」からのインストールのみを説明します。
 本来、SALOMEのホームページ(www.salome-platform.org)からバイナリパッケージをダウンロードしインストールことになるが、ダウンロードとインストールの容易さから考えると、本場のSALOMEではなく、EDF社がSALOMEをベースに開発したオープンソース構造解析ツールSalome-Mecaを導入することにします。
 Salome-MecaSALOMEに比べるさらに構造解析機能(Code Asterを組み込んだ)、可視化機能(Paraviewを組み込んだ)などを追加しており、構造解析に特化した便利なCAD/CAEツールです。

 Salome-Mecaのバイナリパッケージはこのウェブサイト(www.code_aster.org)から入手できます。サイトをアクセスすると、以下の画面が表示されます(2014年2月時点)。

1 Salome-Mecaのホームページ

 上記画面中の「Download」をクリックすると以下の画面が表示されます。


2 Salome-Mecaのダウンロード画面その1

 さらに、上記画面左側にある「Salome-Meca」をクリックすると、以下のSalome-Mecaダウンロードリソースの画面が表示されます。

図3 Salome-Mecaのダウンロード画面その2

 上記画面中央上に幾つかのバイナリパッケージを表示していますが、本書ではソフトの安定性を重視するため、「Salome-Meca 2013.1」をダウンロードします。

Salome-Meca 2013.1」(基本的にUniversal 64bitsを選びますが、自分が使用するマシンによって32bitsを選ぶ場合もあります)をクリックし、以下のダウンロード開始画面が表示され、「OK」をクリックすると、ダウンロードが始まります。また、ダウンロードするバイナリパッケージの名前は「SALOME-MECA-2013.1-LPGL.tgz」であり、Linuxtar.gz形式となっています。また、ファイルは約1.2GBもある非常に大きいファイルであるため、ダウンロードが数時間掛かる場合があります。

図4 Salome-Mecaのダウンロード画面その3

 ダウンロード終了後、上記ダウンロードページに記載してある方法に従ってバイナリパッケージをインストールすることができます。ここでは、その方法を簡単にまとめます。なお、ここでの作業はターミナル内におけるダウンロードしたバイナリパッケージがあるディレクトリ下で実施することとします。

 まず、「tar」コマンドでダウンロードしたバイナリパッケージを展開します。展開が終了後、同じフォルダに「SALOME-MECA-2013.1-LPGL.run」というファイルが作成されます。

> tar -xzvf SALOME-MECA-2013.1-LPGL.tgz

 
 そして、この新たに作成された「
SALOME-MECA-2013.1-LPGL.run」ファイルを以下のように実行することでインストールが行えます。

> perl SALOME-MECA-2013.1-LPGL.run

 
 上記コマンドを実行すると、以下のような対話式
TUIが表示され、使用する言語とインストール先を入力できるようになっています。基本的に言語は英語でよいが、インストール先は各自好みの場所で構いません。

 インストールが終了後、デスクトップに「SALOME」のショートカットアイコンが生成されます。

 最後に、SALOME(以下ではSalome-MecaSALOMEを同一と見なします)の起動し、動作確認を行います。

 デスクトップ上のショートカットをダブルクッリクするか、あるいは以下のコマンドで、SALOMEを起動することができます。SALOMEが起動できると、以下の画面が表示されます。

> cd SALOME-MECA-2013.1-LPGL

> runAppli



図5 Salome-Mecaの起動画面

  • SALOMEをあらかじめ導入したCAEシステム(Live DVD)を利用すること
   他の記事「Open Source CFD環境の入手方法」に参照ください。
以上です。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ブログ内検索

ページ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Z. ZHANG
性別:
非公開